日本温泉科学会の第74回学術総会で「東洋医学(中医学)の観点からみる温泉の特徴と美肌の研究」を発表しました

これまで研究してきた温泉の泉質からみる美容的特徴に加えて、中国伝統医学の観点からそれぞれの温泉を中薬に例えるとどんな働きが連想されるかを分類したいと考えています。そのために、温泉入浴の前後や一泊二日の温泉地滞在での五行経絡や陰陽バランスなどの変化を肌の状態とあわせて計測し、泉質による傾向を調べてみたいと計画しています。来年の学会で発表できるよう研究を続けます。「うちの温泉でも調査してみたい」と、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。よろしくお願いいたします。

This entry was posted in What's New, 講演・コンサルティング, 講演・コンサルティングバックナンバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.