立教大学観光学部・橋本俊哉先生の『観光感性論』で、毎年講義を担当させていただいています。

自然観光としての温泉や、五感を使って入る温泉、また、温泉入浴は五行経絡を整えることや、この2年の温泉宿の変革などなど、お話しました。オンラインが続き、リアルキャンパスでの講義は2年ぶり、なんと、3年生はこの4月から初めてキャンパスへ通えるようになったわけです。教室満杯の200名弱の学生達のキラキラな瞳が眩しい。

This entry was posted in 講演・コンサルティング, 講演・コンサルティングバックナンバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.