「新潟の使い方」温泉のプロが教えます!シリーズの新しい記事が掲載されました

今回は、わたしの新定番!温泉ご当地グルメです。3品とも大好きなものが掲載されていました。温泉を仕込み水につかったグルメパンは、必ず買って帰る逸品。朝10時に焼きあがり、すぐに売り切れてしまうのでチェックアウトしたらまっしぐらにパン工房へ走ります。

詳細はこちら

Posted in メディア活動, メディア活動バックナンバー |

エコラベル宿で森の自然と一つに 長野「扉温泉 明神館」 |朝日新聞デジタルマガジン& 記事アップしました

宿はどんどん進化する。美しい立ち湯の露天風呂を持つ秘境の宿は、ひとつ、またひとつと改装を重ね、ナチュラルリゾートへと驚きの変貌をとげていました。国際エコラベル「グリーンキー」認証を日本の温泉旅館で初めて取得したのは10年以上も前の2009年、SDG’sなどという言葉さえなかった頃のことです。野鳥の声を聴きながら温泉に浸り、天然木や珪藻土など天然素材に包まれる客室でごろ寝。自然のサイクルの中で心身が調律されていくような旅でした。

詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

「じゃらん大人のちょっと贅沢な旅」特集・本当は秘密にしたい私の隠れ宿の取材で旅に出かけました

近年はひとり旅で取材や仕事をすることが増えてきました。久しぶりに記者さん、カメラマンさんと撮影&取材をしながらの温泉旅は、新鮮な発見もありとても楽しい。この特集は、様々なジャンルの旅達人が惚れた隠れ宿が登場し、読み応えたっぷりです。温泉旅に行きたい気持ちがモクモクと湧いてきます。

ご購入はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

細胞が喜ぶ湧き流し・蔦温泉+旅グルメ:温泉会議

湯上がりはしばし放心状態。細胞まで温泉力が染み渡るような蔦温泉の湯。毎年訪れるからこそ、定点観測の愉しみもある青森温泉旅。今年は初めてのディープなグルメも立ち寄りました。行列の先に、思わず顔もほころぶ○○〇三昧が・・・。「温泉会議」の連載に記事を書きました。

詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

滲みてくる海峡の『こくまろ湯』下風呂温泉:温泉会議

毎年7月に出かけている青森温泉パトロール。本州・北の果ての海峡に湧く「こくまろ」温泉は、何度入っても摩訶不思議な魅力がたまらない。美肌と健康の源「お魚たんぱく質」を徹底的に味わい尽くす、海峡グルメも下風呂温泉の魅力。温泉だけの旅メディア『温泉会議』に記事を書きました。

詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

AERA’22.7.4号「心と体の不調無視しないで」コメント しました

働く人を守るセルフケアの重要性の記事で、温泉のメンタルヘルスについてコメントしました。温泉全てに共通する一般的適応症に自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)があります。温泉でぜひ心の放電を。

詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

青森のパワー「四大夏祭り」宿に集合 古牧温泉「星野リゾート 青森屋」|朝日新聞デジタルマガジン& 記事アップしました

肌に絡みつくトロトロの温泉に浸り、五所川原立佞武多、弘前ねぷたまつり、八戸三社大祭、青森ねぶた祭と、青森の「四大祭り」を完全指定席で楽しむショーで盛り上がる。楽しさ盛り沢山のひとり温泉に行ってきました。

詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

CREA「楽しいひとり温泉」2022年夏号に執筆した記事が、CREAwebでも掲載されました

同じ宿に連泊するからこそ味わえる「旅時間」の贅沢さは、1泊の旅とは別の醍醐味があります。ひとりで連泊したくなるための必須ポイントを考えて、タイプの異なる滞在ができる宿をセレクトしました。

詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |